すき。

すきなものをすきって言いたいだけ

惰性の日本活動の行く先は

あまりのやっつけ仕事っぷりに、どん底に落とされたみたいな絶望を味わった代々木公演。その後のTURN UPツアーは初見こそあまりピンとこなかったけれど、成りゆきで行くことにしてしまった武道館公演は楽しかったんだよ。6人体制になったことはやっぱり彼らの一つの危機であったと思う。TURN UPツアーでは各公演後にアンケートが設けられていて、そこからも6人でツアーを行うことに何かしらの危機感があっただろうことが察せられる。メンバーたち自身もきちんと頑張ろうとしていることが見てとれたし、そういう振る舞いや、あの武道館公演で「6人で頑張る」と言ったベンベンの言葉からも、日本活動に対する何かしらの覚悟が彼らにはあるのだって、そういうふうに感じられたんだ。

実際、今回のTHE New Eraツアーだって初日の福岡はとっても楽しかった。ファンコネクティングツアーという謎の名称でツアーをやることは議論を呼ぶところだし、相変わらずのセットリストにはもうため息すらつけないくらいだけれど、タイから直接福岡入りしているのにも関わらずガッセたちは元気にゴキゲンにステージを務めていて、ガッセたちのこと、やっぱり好きだって思ったし、楽しかった。楽しかったんだ。

だけど、ツアーオーラスの仙台公演を終えた今、わたしはなんだか虚無感でいっぱいだ。オーラス公演お決まりの緊急告知が前倒しで行われてしまったこともあるし、このツアーの公演を見るのが3回目なことも、たぶん原因ではある。

けれど、やっぱり、ガッセたちは疲れを隠すことができない。

目下、世界を飛び回って公演している彼らが疲れてるのは、わかる。ワールドツアーの公演と日本でのペンミツアーは懸けるものが違うよなあっていうのも、なんとなくわかる。だけどさ、そうじゃないじゃん。メンバーにとっては9回のペンミのうちのただの1回だろうけどさ、でもこっち側からしたらそうじゃないよ。日本では6人体制だからって、日本はワールドツアーに組み込んでもらえないからって、それで腐りたくもやっかみたくもないけれど、だけどやっぱり思っちゃうよ。ああ、日本のこのツアーは、ただのワールドツアーの片手間の仕事なんだなあ、って。

完全体としての2PM先輩が不在である今、ガッセたちが担わざるを得ないものはきっとあって、だけどそれが担えるほどの力がないから数をこなさなきゃいけないのはわかる。だけど、こんな惰性の日本活動の行き先は、いったいどこなんだろう?

日本での最初のツアーのとき、こういうツイートを見かけたの覚えてる。「将来いつかガッセが東京ドームに立って、そのときは『So Lucky』で銀テープが舞ったらいいなあ」っていう、そんな内容。ものすごく同意したし、わたしもその光景を夢見た。だけど、そんな未来は起こりそうにないな。そんな成功や夢物語よりも、さしあたっての利益のほうが大事なんだもんね。

12月と2月に行われる、アリーナスペシャル。行きたいという気持ちがまったく起こりません。ガッセブンのこと、今現在この時もほんとうに好きなんだけどなあ。好きなのにライブに行きたいって思えないの。不思議だね。

たくさんのお客さんを集めることや利益を出すこと、ほんとうに大事だと思うよ。だって、そうじゃなきゃ彼らは音楽を続けることができないのだろうから。だけど、そうする一方で何かがないがしろにされて、何かほんとうに大切なものがどんどん失われていっているような、そういう気がしてならないんだ。いちアガセのしがない戯言だけどね。

諦観の “THE New Era”

ファンコネクティングツアーなどという謎の謳い文句に、会員限定とはいえど普段より安いチケットの価格設定。ペンミをやるつもりなのだろうなあということは予想がついていました。まあ、堂々とペンミと称さずに金を巻き上げるのはなかなかの卑劣な行いだとは思いますけど。

だけど、ペンミでよかったよなあと思うのは正直な気持ちだ。彼らは目下ワールドツアー中で、日本では6人体制だからいろいろなことを再構成しなければならないのであって、そんな状況でライブツアーなどできるわけがないのだ。MEET MEツアーがくるしかったのはライブツアーができるような状況じゃないのにライブツアーをしようとしたからだ。そのせいでやっつけ仕事になったし、ライブツアーと謳われている以上こちらとしても期待せざるを得なくて、それが裏切られた失望が耐え難かった。

だから、ペンミなんだろうなあと思って臨む公演は気持ちが本当に楽ちんで、期待がない分それがどんな内容であれ楽しむことができ、こんなに楽ちんならもう日本ではペンミとリリイベだけしてくれればいいなあと思った。そうすれば、わたしたちは日本でのガッセブンの公演には端から期待をせずに済み、期待が裏切られるようなことは起こり得ない。

代々木公演の最中、耐え切れぬ失望に人知れず泣きながら「もうガッセに期待を持ったり、夢をかけたりするのはやめよう」って、はっきり思った。日本での音楽活動を誠実にやっているグループや、日本でもそれなりの天下を獲ったグループはあるけれど、少なくともガッセブンはそういうのじゃないみたいだ。かつてはそれなりの天下を獲ってほしいって思いながら応援してた身としては、こうやって諦めるのはかなしいことでもあるし、ガッセブンがファンコネクティングツアーなどと称してペンミでお茶を濁していることは許すまじきことなんだろうけど、そうやってもやもやするのも疲れてしまった。いいよ、日本では許されていればいいと思うよ。それでもお金は落ちるのだし、「6人で頂上を目指す」なんてのは最初っから無理だってわかってたからさ。GOT7としてのGOT7が見たいのなら、わたしたちが本国に飛べばいいだけの話。

期待値はグッと下がってしまっているので、オープニングのVCRがきちんと作られていたり、ユニット曲があったり、メンバーが疲れを見せずにがんばっているだけでなんだか褒めるに値するような気がしてしまう。そうやって甘やかすから、いけないのだろうね。でも、そうやって自分をだましてでもガッセブンの公演で楽しみたい。ガッセブンに失望してくるしみたくない。

ベッドとパジャマのコンセプト。確かにカワイイ。けど、なんとなく、ワールドツアー中でのお疲れモードで万が一ちょっとだらだらしても許されるコンセプトなんじゃない?って勘ぐってしまう。福岡では、メンバーたちの寸劇が即興であることを強調してたけど、それって事前の打ち合わせができないからじゃん?とも思いました。そして、相変わらずのセットリスト。それでもわたしはガッセブンのことカワイイな~と思いながら見てたし、トレカも集めたし、楽しかった~と思いました。やっぱりドMだな。だけど、こうやって半年スパンで日本ツアーを続けて、確かに日本のアガセからお金を巻き上げることには成功しているのだろうけれど(そしてそれはきっと彼らが音楽をやるために必要なこと)、だけど、この惰性の日本活動の最終的な行く先って一体なんなのだろうって、そんな先行きの暗い気持ちがすこし脳裏を過ぎらないわけではないな、って最近はそんなふうに思っています。

 

認知される気などなかったのに認知されたかもしれない話

 

ガッセブンて以前は「日本公演で本国マスターにあからさまに反応するのヤメロ」ってよく言われてたように思うんだけれど、最近はどうなのかな。ともあれ、当時はわたしもおおむね同じ気持ちでした。あからさまな贔屓はよくない、って。

 

わたし、ライブにおいては善良なお客でいたいなあといつも思っています。善良なお客というのは要するに楽しそうなお客ということで、それはなぜかというと、演者にしてみたらお客が楽しそうで幸せそうにしているほうがきっとやりがいがあるだろうと思うから。客が盛り上がる→演者も盛り上がる→ますます客が盛り上がる→みんなハッピー!いい公演!という流れを実現したいと、そう思うのだ。

だから、いつもめちゃめちゃペンライト振るし、公式応援も完璧だし、アンコールも全力でやります。楽しんでいる自分をものすごく作り上げる。特にガッセブンの公演では。だって、そうしたほうが楽しいんだもの。もちろんマナーを守った範疇でね!

けれど、そうやって全身全霊で盛り上がってみせるのって、けっこう目立つみたいだ。自覚はありました。そうやって目立つことであわよくば推しの目に留まれば…みたいな打算的な気持ちがまったくなかった、と言えばたしかに嘘になる。けど、楽しんでみせたい動機のいちばん根っこのとこは、善良なお客でありたいという純粋な気持ちでしかなかったのだ、ほんとうに。

 

盛り上がってみせる自分をいちばん作り上げていたのはMEET MEツアーのときで、それは以前ここのブログにも書いたけれど、そうやって楽しむ自分を作り上げてしまわなければ、わたしはあのツアーを楽しく乗り切ることが決してできなかった。楽しんでいる自分を無理やりにでも作って、ガッセブンのライブは楽しい!!!という暗示を自分にかけていたのだと思う。何が何でも楽しまなければいけなかったので、正直な話、欲張りにもなっていました。ライブハウスの端っこをスッとかいくぐって前方の場所をとったり、オーラス公演でチケットを上乗せして購入したり。その甲斐あって、ありがたいことにあのツアーでは2回ほど推しからペンサももらいました。(明確なペンサをもらったのは初めてだったので、とても嬉しかったのを覚えている。)

 

だけど、雲行きはそこからあやしくなってきたのです。ボードを見てもらえるはずの場所にいるはずなのに、見てもらえない。確実に視界に入っているはずなのに、視線がスイ~とまるでここに何も存在していないかのように滑っていく。たまたまかもしれない。自意識過剰なオタクの思い過ごしかもしれない。けれど、思いました。わたし、もしかして認知されてしまったのではないか?

認知って、たとえばサイン会に何度も足を運んだり、リリイベで積んだり、そういうことで達成されるものだと思ってた。けど、たとえばわたしたちもライブ会場で、あ、あの人いつも会場で見かけるな~と思うことは間々あるわけで、自分がそう思うということは自分も他の人にそう思われているわけで、そんなに頻度を重ねているということはステージからもそう思われる可能性があるのかもしれない。

 

ガッセブンのことが、推しのことが、ほんとうに好きです。こんなブログ作って想いをつらつらと綴ってしまうくらいには。好きだから何回も見たいし、近くで見たいし、善良なファンとして楽しんでみせたいと思った。確かに、贔屓はいけない。だけど、推しのことが好きだからやってきたことの結果がコレって、それは今までのことがあまりにも裏目にしか出ていなくて、なかなか堪えるものがある。もしかして、わたしは何かいけないことをしてしまったのだろうか。一生懸命応援しているのにスルーされてしまうような重大なマナー違反を犯してしまった? 推しの視線がわたしのボードの上をスイ~と滑るたび、わたしは自問自答してしまう。

MEET MEツアーのときに欲張ったこと、反省するよ。本国ペンのためにあるソウルコンにて、良番のスタンディングチケットで最前列に位置してしまったことも。・・・でも、MEET MEツアーはほんとにまじで公演のクオリティが激低だったから欲張ってでも楽しまなければならなかったんだし、ソウルコンは適当に代行屋さんにスタンディングチケットを注文したらたまたま良番が来ただけだ!!!ガッセブンが常によいライブをやってくれてたら、アガセジャパンがチケットの公式販売をやってくれたら、こんなことにはならなかった!!!(日本公演は本国ゴールドアガセへの公式販売やってんのに!)

 

好きなんだよ、ほんとうに。好きだから通うんだよ。応援してるからいつもいるんだよ。みんながしあわせな公演になってほしいから盛り上げるんだよ。別にいつも報ってほしいなんて思ってないよ。だけど、ほんとうに、まるでそこに何も存在しないように視線が滑ってくのはあまりにしんどいし、ファンでいられなくなるような気持ちにもなるんだよ。わたしはいったい、どこで何を間違えてしまったのだろうかなあ。