すき。

すきなものをすきって言いたいだけ

「東京」と、ベンベンのあの映像

サカナクションのライブに行ってきた。にわかの超ライト層なので語れることは何もないのですが、「ユリイカ」のときに流れる東京の風景をモノクロで映した映像がすごく好きです。そういえば、最果タヒの『きみはかわいい』という詩が好きなんだけど、それも東京のことをうたった内容で、そういうわけでどうやらわたしは所謂モチーフとしての「東京」というのが好きみたい。地方民の戯言だとは思うんだけど。

だから、代々木公演のアンコールの冒頭で、光が線になって流れてゆく夜の道路とその果てに佇む東京タワーの映像を見たとき、それはまるで東京ひいては日本の象徴みたいに映っていて胸がすこし熱くなり、もしかしたらベンベンが作った映像なのではないかなと直感してドキドキした。わたしは、好きになったアイドルに対して「どうかあの子の見ている世界がしあわせに溢れていますように」などというポエムじみたことを至極真剣に願ってしまうタイプのきもちのわるいオタクなので、あの映像はベムちゃんから見える世界を覗き見したみたいで、妙な感激があった。この公演のために準備された彼らのクリエイティブな部分を見られて安心もしたし。(そもそも全編にわたってクリエイティブであるはずのライブにおいて、そんな些細なことに安心感を抱かざるを得ないという状況はむなしくもあるけれど。)

 ジニョンくんが「ベンベンさん主演ですよね!?(僕はどこ?)」とチクリと言うくらいには、確かに“ベンベンのPV(feat.ユギョムとマーク)”ってな仕上がりではあったあの映像。しかし、アンコールのMCで自作の映像について「恥ずかしいですね~」と言うベムちゃんったら、いかにもくすぐったげな表情を浮かべていて、それはまるで慣れない称賛を一身に浴びせられる幼い子どもみたいな素振りで、もしかして褒めてもらえることはわかりきった前提なの…!?と思って、それがすごいおもしろく感じたし、いじらしくて可愛くもあった(と言ってまた甘やかす)。自分が作ったものを披露する照れくささはあれど、アガセの反応がどうであるか心配するような様子には見えなかったんだよ。うーん。さすがベムちゃん。きみが王様だ。世界はぜんぶきみのものだよ、って言いたくなるような、そんな感じ。