すき。

すきなものをすきって言いたいだけ

ガッセブンと「不安」

我らのガッセブンが「You Are」でカムバックしました。


GOT7 "You Are” M/V

今回のアルバムのキーワードは「不安」だそうで。*1

「不安」といえば、先のJJProjectの「내일, 오늘」もまた「不安」を大いに歌った曲だったと思う。あの曲の歌詞を把握したとき、正直わたしはちょっと引いた。JJの二人については「惑い」や「おそれ」が強そうな子たちだなあとかねがね思っていたのだけれど、あの曲はまさしくそういった感情があまりにも直接的に歌われていて、アイドルの苦悩や努力をできるだけ知らなくていいと思っているわたしにはそれが生々しく感じられたし、あの曲で活動するというのは誰のためでもなく二人のカタルシスのためでしかないんじゃないの?という疑念もちょっとあった。

けれど、今回の「You Are」のMVを見てからアルバムのテーマが「不安」であることを知ったとき、何故か、それは何だかとてもしっくりと納得してしまえる気がしたのだ。

ガッセたちってやっぱり何年たってもすごく不安定で、どこか自信なさげにちいさくまとまってしまいがちなところがあるグループだと思う。だからこそアガセは彼らを援護しようとするわけなんだけど。そんな彼らがいつか自信たっぷりに一歩を踏み出すチームになることを願いながらも、彼らの纏う「不安」の影はいつしか彼らのアイデンティティにまでなってしまったみたいだ。

「You Are」って、なんとなく「Fly」に通じるものがあるよね。おそれや塞ぎ込んだ気持ちからは逃れられないことをまずは肯定して、それでも自分の信じるものをひたむきに信じようとする感じ。それは取り繕うことのないガッセらしさとしてすんなりと彼らに嵌る気がする。

デビュー以来、ガッセの毎回のコンセプト迷子っぷりにはもうかなり疲れてしまったなあと個人的に思っています。だから、「不安をテーマに語ってみて、答えが出た」*2というヨンジェの言葉が一体どういう意味であるのかはまだ図りかねるけれど、この「不安」というキーワードが彼らを“ガッセブンらしさ”へと導く手掛かりになり、ガッセたちが唯一無二のチームとして輝くきっかけになったらいいなあと今わたしはそういうふうに思っているし、やっぱり性懲りもなく願っている。

*1:参考記事:「国民グループ」GOT7になるために

*2:参考記事:同上