すき。

すきなものをすきって言いたいだけ

ガッセブン 答え合わせの「Look」カムバック

「You Are」のときのインタビューで「不安をテーマに語ってみて、答えが出た」と言ったガッセたち。今回は、その答え合わせのカムバックになる予感がする。 

got7translate.hatenadiary.jp

 ガッセブンってほんとうに「不安」がよく似合う。いつまでたっても不安定で、傷つかぬようにちいさくまとまってしまいがちで、だからこそアガセはガッセたちのことが愛おしくって援護したがるんだ、って、わたしはこのブログで一貫して語ってきたように思う。今回のインタビューでもリーダーは「期待しながらも期待しない。期待が大きいと失望も大きそうで。」と述べていて、それはわたしたちがよく知るあやうげなガッセブンの姿そのものなのだけれど、それでもやっぱり今回は何かが違う予感がする。

ヒョリンちゃんをフィーチャリングした先行曲、大胆な動線の振付、夢幻の色で彩られたコンセプト、ジニョンくんをセンターに据えたサビ。わたしにはいろんなことが今までよりもずっと大胆で意欲的に見える。ただの勝手な直感だけど。

そういえば前回のカムバックでは「ファンに安心感を」とか「安定を見せる」とかそういうことを彼らは言っていたような記憶がある。そのときはあまり信じてはいなかったのだけれど、今はなんだかそれを信じてみたい気がしている。どうしてかなあ? 「確信がある」というリーダーの確信と「これまでは迷いさまようコンセプトだったから、前進してみようとした」というジニョンくんの言葉が真実になりますようにって、願ってやまない。だって、大それたことを言わない彼らが自信たっぷりに一歩を踏み出すチームになってくれることが、援護したがりのアガセの悲願なんだもの!

 

やっぱりすきだよ、ガッセブン。去年は本気でファンを辞めかけたけれど「揺らいだ分、強くなった」っていうベンベンの言葉と同じように、わたしの気持ちもたぶん強固になったよ。わたしのスマートフォンは今ガッセブンのアルバムをくるくるとストリーミングしつづけているし、投票の準備も済ませました。今回は強豪揃いなので1位になるのはむずかしいかもしれないけれど、音源公開された昨夜のチャートですでに証明は十分になされたようにも思う。ガッセたちが導き出したそれが確かな答えなんだってことはもう、答え合わせなんかしなくたってすぐそこに見えている。