すき。

すきなものをすきって言いたいだけ

認知される気などなかったのに認知されたかもしれない話

 

ガッセブンて以前は「日本公演で本国マスターにあからさまに反応するのヤメロ」ってよく言われてたように思うんだけれど、最近はどうなのかな。ともあれ、当時はわたしもおおむね同じ気持ちでした。あからさまな贔屓はよくない、って。

 

わたし、ライブにおいては善良なお客でいたいなあといつも思っています。善良なお客というのは要するに楽しそうなお客ということで、それはなぜかというと、演者にしてみたらお客が楽しそうで幸せそうにしているほうがきっとやりがいがあるだろうと思うから。客が盛り上がる→演者も盛り上がる→ますます客が盛り上がる→みんなハッピー!いい公演!という流れを実現したいと、そう思うのだ。

だから、いつもめちゃめちゃペンライト振るし、公式応援も完璧だし、アンコールも全力でやります。楽しんでいる自分をものすごく作り上げる。特にガッセブンの公演では。だって、そうしたほうが楽しいんだもの。もちろんマナーを守った範疇でね!

けれど、そうやって全身全霊で盛り上がってみせるのって、けっこう目立つみたいだ。自覚はありました。そうやって目立つことであわよくば推しの目に留まれば…みたいな打算的な気持ちがまったくなかった、と言えばたしかに嘘になる。けど、楽しんでみせたい動機のいちばん根っこのとこは、善良なお客でありたいという純粋な気持ちでしかなかったのだ、ほんとうに。

 

盛り上がってみせる自分をいちばん作り上げていたのはMEET MEツアーのときで、それは以前ここのブログにも書いたけれど、そうやって楽しむ自分を作り上げてしまわなければ、わたしはあのツアーを楽しく乗り切ることが決してできなかった。楽しんでいる自分を無理やりにでも作って、ガッセブンのライブは楽しい!!!という暗示を自分にかけていたのだと思う。何が何でも楽しまなければいけなかったので、正直な話、欲張りにもなっていました。ライブハウスの端っこをスッとかいくぐって前方の場所をとったり、オーラス公演でチケットを上乗せして購入したり。その甲斐あって、ありがたいことにあのツアーでは2回ほど推しからペンサももらいました。(明確なペンサをもらったのは初めてだったので、とても嬉しかったのを覚えている。)

 

だけど、雲行きはそこからあやしくなってきたのです。ボードを見てもらえるはずの場所にいるはずなのに、見てもらえない。確実に視界に入っているはずなのに、視線がスイ~とまるでここに何も存在していないかのように滑っていく。たまたまかもしれない。自意識過剰なオタクの思い過ごしかもしれない。けれど、思いました。わたし、もしかして認知されてしまったのではないか?

認知って、たとえばサイン会に何度も足を運んだり、リリイベで積んだり、そういうことで達成されるものだと思ってた。けど、たとえばわたしたちもライブ会場で、あ、あの人いつも会場で見かけるな~と思うことは間々あるわけで、自分がそう思うということは自分も他の人にそう思われているわけで、そんなに頻度を重ねているということはステージからもそう思われる可能性があるのかもしれない。

 

ガッセブンのことが、推しのことが、ほんとうに好きです。こんなブログ作って想いをつらつらと綴ってしまうくらいには。好きだから何回も見たいし、近くで見たいし、善良なファンとして楽しんでみせたいと思った。確かに、贔屓はいけない。だけど、推しのことが好きだからやってきたことの結果がコレって、それは今までのことがあまりにも裏目にしか出ていなくて、なかなか堪えるものがある。もしかして、わたしは何かいけないことをしてしまったのだろうか。一生懸命応援しているのにスルーされてしまうような重大なマナー違反を犯してしまった? 推しの視線がわたしのボードの上をスイ~と滑るたび、わたしは自問自答してしまう。

MEET MEツアーのときに欲張ったこと、反省するよ。本国ペンのためにあるソウルコンにて、良番のスタンディングチケットで最前列に位置してしまったことも。・・・でも、MEET MEツアーはほんとにまじで公演のクオリティが激低だったから欲張ってでも楽しまなければならなかったんだし、ソウルコンは適当に代行屋さんにスタンディングチケットを注文したらたまたま良番が来ただけだ!!!ガッセブンが常によいライブをやってくれてたら、アガセジャパンがチケットの公式販売をやってくれたら、こんなことにはならなかった!!!(日本公演は本国ゴールドアガセへの公式販売やってんのに!)

 

好きなんだよ、ほんとうに。好きだから通うんだよ。応援してるからいつもいるんだよ。みんながしあわせな公演になってほしいから盛り上げるんだよ。別にいつも報ってほしいなんて思ってないよ。だけど、ほんとうに、まるでそこに何も存在しないように視線が滑ってくのはあまりにしんどいし、ファンでいられなくなるような気持ちにもなるんだよ。わたしはいったい、どこで何を間違えてしまったのだろうかなあ。